日本コナモン協会 トップに戻る

楽しく探求し、おいしく食べて、面白く伝え合う!コナを食し、コナと遊ぶ、日本コナモン(粉もん)協会です。

日本コナモン協会とは

基本理念

日本コナモン協会ご神体の臼

あらゆる食材は粉にすることで、さらにおいしさの可能性を広げます。
日本はもとより、世界のコナモン文化の普及と継承を目的に
おいしく、楽しく、健やかに、食べ歩き、語らいましょう!

日本コナモン協会ご神体の臼
協会ご神体の臼

 

 

 

会長挨拶

日本コナモン協会理事 熊谷真菜

エネルギーの源であり、食卓を豊かにする偉大なるコナモン。コナモンの魅力を、おいしく、楽しく、健やかに探求し、コナモン文化の普及と継承を目的に、2003年5月7日コナモンの日に日本コナモン協会は設立されました。歴史を紐解き、郷土料理の素晴らしさを発掘、名店の数々を訪ね、店主のお話をうかがい、50年100年後を見据えて、食文化のゆくえを見守っています。本場のおいしさを家庭で楽しんでいただくために、たこ焼教室、お好み焼教室、うどん、和菓子などの粉もん道場など、これまで2万人以上の皆さんにご指導してきました。また文化の創生という視点で、大阪の店主たちと「道頓堀やきそば」「道頓堀だしマヨ」を開発。食文化のアイドルとしてのコナモンを日本だけでなく世界の人々とも共有していきたいと思います。

熊谷 真菜(くまがい まな)